×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home尖閣諸島Present page

尖閣諸島

senkaku101.jpg

Japan incorporated the islands under the administration of Okinawa. The Senkaku Islands dispute concerns a group of uninhabited islands which have been claimed by both the People's Republic of China and the Republic of China (Taiwan) since 1971.
尖閣諸島問題(せんかくしょとうもんだい)とは、正式に日本がそれらの島々を領有したが、中国(中華人民共和国)と台湾(中華民国)が、尖閣諸島に対して主権があると主張している問題である。なお日本側は領有権問題は存在しないとの立場であるが、中国および台湾側は領土問題であると主張しており、国際問題となっている。なお台湾側および中国側が尖閣諸島に対する領有権主張を公式に行ったのは1971年以降である。

尖閣諸島が日本の領土である理由と中国の野望

senkaku102.jpg

The Senkaku islands were not inhabited up to 1895. After a decade of deliberations, the Japanese government had decided to annex the Senkaku Islands and placed them under administrative rule by the Okinawan government on January 14, 1895. At the time, no countries had voiced their objections to the Japanese government's decision to annex the Senkaku Islands under the Okinawa rule. The geography textbooks, which had to be approved by the government, published in 1970 in Taiwan clearly showed the Senkaku Islands as a part of the Japanese territories. Then, these islands were placed under the control of the U.S. occupation forces following the Japan's surrender at the end of the WW II. In short, these islands have never been controlled by China up to present. In addition as another indication of this fact, the former President of the Republic of China, Lee Teng-hui, was also quoted in the Taipei Times newspaper, dated Sept. 6, 2009, that he had always considered the islands as a part of Okinawa. Then why and when China had started claiming about the islands as their own? It was after the UN investigation of the natural resources of the region, and their subsequent report of the findings of their investigation of the existence of abundant underground oil reservoir around Senkaku Islands in 1969. Suddenly, China was very interested in the Senkaku Islands and began insisting that the Islands belonged to China all along. How can the Chinese government justify their actions to pursue the territorial rights over the Senkaku Islands completely disregarding all the historical facts of the region? If another country acted the same way like China has toward your country, how would you feel? In fact, China wants to control the East Turkistan too. Redundant China's hunger for its political and territorial control extends even to East Turkistan, where its people's struggles for independence from China continue to this day.There stands a building within the East Turkistan territory constructed by the Chinese earlier, which China claims to have built it during the ancient Chinese Kingdom period. Therefore, the East Turkistan belonged to China. The idea of propping up some buildings within the East Turkistan borders and professing that China had controlled the region from the ancient times to be the truth, thereby claiming that East Turkistan belonged to the Chinese is preposterous. However, a radiocarbon dating investigation has revealed that the same structure was constructed just 5 years ago, according to the President of the Japan Uyghur Association, Ilham Mahmut. The question of whether the islands are part of China is not worth for a serious deliberation. The Islands' past history clearly indicates otherwise. What China is demanding is nonsensical and goes against all conventions of the internationally acceptable practices.
尖閣諸島は1895年まで無人の諸島だった。その後1895年までの10年間、日本は注意深く尖閣列島の領有作業を行い、正式に1895年1月14日、沖縄県への編入が決まった。その頃はこの日本の行動にどの国も異を唱えなかったのである。実際台湾の地理教科書にもこれらの島が日本の領土であると明記され、戦後の日本国とアメリカ合衆国との間の協定(沖縄返還協定)によりわが国に施政権が返還された地域の中にも、この尖閣諸島は明記されている。また台湾総督府元総統である李登輝氏は、台北タイムズ(2009年9月6日)において、この尖閣諸島は日本沖縄の領土であることを述べている。では何故中国は尖閣諸島について領有権を言い出したのだろうか?中国が尖閣諸島が自国の領土であると言い出したのは、国連の海底資源調査が1969年に行われ、海底に油田がある可能性が高いというレポートを知った後のことである。突然、中国は興味を持ち尖閣諸島は中国の領土であると強行に言い出したのである。このような中国の言い分や行動は正しいと言えるのか?もし他国がこのような手段であなたの国に接したら、あなたは実際どう思うだろうか?事実、中国は東トルキスタン、ウイグル自治区を紛れもない中国の領土だと言い張り、独立を認めず人権弾圧を行っているのだ。 中国はそんな彼らの土地に建物を建て、「この建物は古来中国王朝からあった建物だ。この土地は昔から中国の支配下であった証拠である。だから、東トルキスタンは中国の領土だ」と宣言したそうだ。 しかしながら、炭素時代測定器の計算ではたかだか5年ほど前に作られたものだと判明した。この話は日本ウイグル協会会長であるIlham Mahmut氏が語ったものである。この島々の過去の歴史がどうあるかなど、まったく関係のないことである。中国が要求していることは、国際社会上通用することではない。

中国の私利私欲が尖閣諸島の領有を目論んでいる

South East of Japan, 300km north of Ishigaki Island, Okinawa Prefecture, there are uninhabited islands in the East China Sea named 'Senkaku Islands.'In January 11, 1895, based on the international law, Japanese government declared the dispute of the islands. From this moment, Senkaku Islands officially became the proper territory of Japan. The issue on the territorial dispute of Senkaku Islands started in July 1952, when Taiwanese government permitted investigation dispute in northern oceanic area of Taiwan below 27 degree north latitude including Senkaku Islands to an American petroleum company.Also, the report from the United Nations revealed that there is abundant oil around Senkaku Islands in 1969, which worth 1 trillion dollars. Suddenly, the fleet of Chinese armed fishing boats (Maritime Militia) appeared at Senkaku Islands and invaded Japanese waters. China claimed the territorial dispute of Senkaku Islands in 1970's after knowing that there are oil and gas in the vicinity of the islands. Can you raise your hand to show your agreement to China?
日本の南西、沖縄県石垣島から北へ300キロ沖合の東シナ海に浮かぶ無人島群が尖閣諸島だ。1895年1月11日、日本政府は国際法に基づき領有を宣言した。 この瞬間から尖閣諸島は正式に日本の領土となった。尖閣諸島を巡る領有権問題は、1952年7月台湾政府がアメリカの石油会社に尖閣諸島を含む北緯27度以南の台湾北方海域の探査権を許可したことに始まった。1969年に国連の報告書により尖閣諸島周辺に大量の石油が埋蔵していることが分かった。石油埋蔵量1000兆円相当。1978年7月、中国の武装漁船団(海洋民兵)が突如尖閣諸島に現れ日本の領海を侵犯した。中国は尖閣諸島周辺に石油やガス資源があることを知った後の1970年代になって突如尖閣諸島の領有権を主張し始めたのだ。君は手を上げて中国に賛成といえるかね?

尖閣諸島 台湾の教科書にはどのように記されているか

coastguard.jpg

China has been claiming Japan about the Senkaku Islands are Chinese territory since 1970.The geography textbook published in 1970, which year has been started Chinese accusation about the islands, in Taiwan say, where every textbook had to be officially approved by the government, clearly showed the islands as Japanese territories. Now Chinese are finding the books and burning in great haste. Why?
1970年から中国は尖閣諸島が中国の領土であると日本を非難している。その同じ年の1970年発行の台湾の地理に教科書には、尖閣諸島が日本の領土であると知りされている。当然この教科書は政府が認可したものだ。今現在、中国はその教科書をせっせと燃やしているのだ。何故こんな事をする必要があるのか?

尖閣諸島 ワシントンポストで取り上げられた中国の地図

The Washington Times By Bill Gertz September 15, 2010
Inside the Ring has obtained a classified Chinese map that is likely to further muddy Beijing's territorial claims. The 1969 map, produced by the People's Republic of China map authority and labeled "confidential," lists the islands as "Senkaku," the Japanese name, and contains a dividing line south of the islands indicating that they fall within Japanese territory.The map contradicts the statement on Tuesday by Chinese Foreign Ministry spokeswoman Jiang Yu, who told reporters: "The Diaoyu Islands have always been Chinese territory since ancient times, and this is the fact that nobody can ever change. China owns indisputable sovereignty over the Diaoyu Islands. The Chinese government's will and determination to safeguard national sovereignty and territorial integrity is firm and unshakable."I want to say this is an incredible but true story.
2010年9月15日付けのワシントンタイムズ ビルゲイズ著 この汚い領土問題とも言える重要機密に属する地図を、中国で手に入れた人物がいる。1969年発行のその地図は中国政府が発行したもので、すでに機密という文字が入っている。そこにはこれらの諸島は、日本名でSENKAKUと書かれ、その南側に国境が引かれ、しっかりと日本の領海であることが明記されている。そんな地図と裏腹に、中国政府外務省のスポークスマンJiang Yuはこう言い放った。「魚釣島は、古来一貫して中国の領土であり、誰にもその事実を踏みにじられるものではない。」中国はこの強固で揺るぎない決断を崩してはいない。嘘のような本当の話である。

sample

尖閣 中国が沖縄を領有したい理由

China wants to get Okinawa Prefecture in Japan. Do you know why? There are so many wars in Chinese history, so they are very afraid of being attacked by other countries. China strongly wants to set friendly regions such as, East Turkistan (Uyghur), Tibet, Mongol and Taiwan are located in west, south, north, and east around China. China thinks that the east side of China is not enough for defense. Taiwan is a small island and a dependency North Korea’s political is unstable. These days, it is very rare case that another country attacks to another country suddenly. Can you assume that the U.S will attack Canada? Italy will attack France? Russia will attack China? All countries think if they attacked another country, their country would be isolated from the world because we already know what justice is. We can’t invade another country just because we desire to. However, China doesn’t think so. They have already invaded Tibet, so China thinks other countries might attack China. This is old way of thinking.
中国は沖縄を欲しがっている。何故だろうか?中国は戦争だらけの歴史を持つ国であり、よって今でも他国からの侵略を非常に恐れている。それ故に強行的に友好的な他民族の土地である東トルキスタンを東に、チベットを南に、モンゴルを北に、そして台湾東に持ちたがり、守ろうとしているのである。しかし東側は防御が不完全だと思っている。台湾は小さな一島であり、属国北朝鮮は政局が不安定である。近年、突然戦争が起きることは非常に希である。アメリカがカナダと戦争するとか、イタリアがフランスを襲うとか、ロシアが中国侵攻を始めるとか、そんな事が突然起きると想像できるかな?世界の国々はもしそんなことをしたら、世界から自国が孤立してしまうことになることは百も承知なのだ。要は、何が正義なのかよく解っているのである。だから私たちは欲望のままに他国を侵略するなんて事はあり得ない。しかし、中国は違う。彼らはチベットに侵攻した。だから他国も中国を侵略してくると思っている。いわば、相当古い考え方をした国なのである。

尖閣問題と南京大虐殺 中国が根拠もないのに騒ぐ理由

Chinese people are always barking lies like dogs. Tell the truth; what Chinese people said about the Nanking Massacre and the Senkaku problem does not have any conclusive evidence. In addtion, they believe that telling lies 100 times lead to becoming true story from the lies. The Chinese have appealed the Nanking Massacre was caused by Japanese even people don’t have any witnesses about that. Now, Chinese people are telling Okinawa is Chinese territory. We have to careful because the Chinese conspiracy which means China will get Okinawa from Japan might work. They are telling lies enthusiastically even their story was ridiculous theory, so some people will be mind controlled by their lies. Now they are waiting another stupid historian agree with them. Unfortunately, there is a stupid person who wants to agree with them. Country China is a bribe society. Therefore, all over the world will be occupied by China someday.
中国人はまるで犬のように嘘を吠えまくるのが尋常である。事実、中国人の発言している南京大虐殺や尖閣領土問題など、その内容に明確な論拠はない。それに加え、彼らは嘘も百回言えばその嘘は真実になると信じている。南京大虐殺も目撃者がいないにもかかわらず、日本軍による蛮行であるとアピールしている現状だ。そして今、中国人は沖縄をも中国の領土であると言っている。私たちはこの事実に注意深く接しなければいけない。なぜなら、この沖縄を中国領土とする中国人の陰謀は、成功するやも知れないのだ。たとえそれがとんでもない意見であったとしても、彼らは必死になって嘘をつく。よってその必死な嘘に洗脳されてしまう人もいるのだ。彼らはお馬鹿な歴史家が彼らの意見に同意してくれるのをひたすら待っている状態だ。残念ながら、馬鹿な奴というのはどこにでもいるものだ。中国は賄賂大国でもある。いつか、中国に世界は飲み込まれる日が来るかも知れない。

中国がついてきた嘘の被害は日本だけではない。南沙諸島でのベトナムでも

These days, Vietnam and China rise up their tension because of the Spratly’s territory problem. The Spratly Islands are in the South China Sea. June 9 incident between China and Vietnam broke up in the area. Vietnam’s Foreign Ministry spokeswoman Nga has said, “A Chinese fishing boat and two Fishery Administration vessels cut the cables of Viking II, a Vietnamese oil and gas exploration ship that was making a seismic survey in Vietnam’s”However, China’s spokesman Hong said, “The Vietnamese ships dragged Chinese fishing boats backward for about an hour,” also “the eviction made the nets of a [Chinese] fishing boat’s tangle with the cables of a Vietnamese oil and gas exploration ship that was illegally operating at the scene.” When asked by a reporter to comment on Vietnam’s claim that Chinese fishing boats have been cutting Vietnamese ships’ cables, Hong dismissed the allegations as “absolutely contrary to the truth.”This case is very similar to the case of the Senkaku Islands territory dispute. Japan incorporated the islands under the administration of Okinawa. The Senkaku Islands dispute concerns a group of uninhabited islands which have been claimed by both the People's Republic of China and the Republic of China (Taiwan) since 1971. Sep 7th 2010 Chinese ship collided Japanese Coast Guard ships around the Senkaku Islands.Everybody have watched the video, so people knew the Chinese ship revved an engine, black smoke rose, the Chinese ship sped up, and the Chinese captain made a frontal assault to Japanese coast guard ship. However, Chinese spokeswoman said Japanese coast guard ships hit a Chinese ship. People have already known what China said are lies. The Chinese believe that telling lies 100 times, this could have lead to becoming a true story from the lies. We have to be careful.The U.S. has made several public statements making clear that the Chinese regime’s attempts to control the waters are contrary to international law and will meet with resistance.
最近、中国とベトナムとの間に緊張が高まっている。南シナ海に位置する南沙諸島領土問題が原因だ。 6月9日にこの海域で事件が起きた。ベトナム外務省報道官Mga氏の話に寄れば、中国の監視船3隻がベトナムの資源調査船ヴァイキングUの設備を破壊したとある。しかし中国側はこう言っている。「ベトナム船は中国漁船を誘い込み、1時間も拘留した。ベトナム船の資源調査は、中国の権益と管轄権を損ねている。」しかし、レポーターが中国船によるベトナム船のケーブル破壊工作について尋ねると、中国側報道官Hongは「そのような事実はない。」と主張した。このケースは非常に日本で起きた尖閣諸島領土問題と酷似している。日本は尖閣諸島を沖縄に編入したが、1971年になって中国と台湾が領有権を主張しはじめた問題である。2010年9月7日にこの海域でも同じように、中国船が日本海上保安庁の船に衝突している。皆がその時のビデオを見て知っているように、中国の船はエンジン出力をあげ黒い煙を吐き、そしてスピードを出し海上保安庁の船にぶつかってきた。しかし中国側の報道官は、日本の海上保安庁の船が中国漁船にぶつかってきたなどと言った。世界中の人々は中国が言っていることは大嘘だと言うことを、すでに知っているのだ。中国人は嘘も百回言えばそれがひいては真実になってくれると信じている。私たちはこれに本当に気をつけなければならない。アメリカ合衆国は公式文書でこの事件をこう語っている。中国のおこしたこの一連の事件は国際法に照らしても、彼らの行動を正当化することはできないだろう。

ページトップへ
Copyright (C) SimpleTmpl011 All Rights Reserved.